トップページ > 会社案内トップ > 沿革

沿革

沿革

2008年 4月 柴田 萌と管 偉辰によって株式会社リリムジカ 設立
2008年 5月~ 障害のある子どもたちとの音楽活動事業開始
2008年 6月 東京都杉並区荻窪に事務所を開設
2008年 9月~
2009年 3月
NEC社会起業塾(現社会起業塾イニシアティブ)に参加
2009年 3月~ ご高齢者のための音楽療法事業開始
2009年 10月~ 東京都杉並区荻窪にて大人のためのオカリナ教室を開講
2010年 6月 東京都杉並区荻窪から東京都杉並区天沼に事務所を移転
2011年 1月 パートナーセラピスト(音楽療法士)との業務委託契約を開始
2011年 6月 業務効率化のため、東京都杉並区天沼にあった事務所を撤収
2011年 7月 音楽療法セッション実施とその他業務の役割分担を明確に
するため、社内体制を変更。管 偉辰が代表取締役に就任。
2011年12月 障害のある子どもたちとの音楽活動事業を他団体に引き継ぎ終了。ご高齢者のための音楽療法事業への集中・特化を図る。
2012年5月 これまでの実践の中から、リリムジカの業務は「療法」というよりも「場づくり」という表現の方が実態に合っていると判断。そこで、サービス名称として「ミュージックファシリテーション(音楽の場づくり)」という語を使い始める。「パートナーセラピスト」も「ミュージックファシリテーター」に改称。
2012年11月 SVP東京の投資・協働先に採択される。
2013年5月 インターン生の募集を開始(募集ページ:外部サイト
2013年11月 役員の肩書きを改称。社長を廃し、管と柴田が共同代表となる。
代表取締役 共同代表 管 偉辰
取締役 共同代表 柴田 萌
2015年12月 大阪府で活動を開始。ファシリテーター1名。実施事業所1か所。
2016年1月 プログラム実施事業所が100か所になる。

▼記事へのご感想、ご質問はこちら(Facebookへのログインが必要です)