トップページ > サービス紹介 > 音楽の場づくり講座

音楽の場づくり講座

音楽の場づくり講座

「今施設でやっている歌の会をもっと充実させたい」、「介護の現場で音楽を活用する方法が知りたい」

このようにお考えの方向けに、音楽の場づくり講座を行っています。企業様や団体様に講座を主催いただき、講師を当社が担います。

講座参加者様の声

レクリエーションで音楽を行うときは決まった方法しかなくマンネリだったので、とても参考になりました。(デイサービス 職員)

日常で行っている内容でも、進行次第でより多くの方に楽しんでいただけることを知りました。(デイサービス 職員)

歌をうたったり楽器を使用したり、楽しい講座でした。利用者の皆様に楽しい一日を過ごして頂くことは老人施設としての大きな目標だと思いますが、認知症でうまくコミュニケーションがとれない時に、この目標を達成することの難しさを感じます。今回の講座で取り上げられた事例を聞いて、音楽による認知症の利用者の変化をぜひ見てみたいと思いました。(特別養護老人ホーム 職員)

音楽は人の心を和ます力があると思う。ただ曲を流しているだけでも気分が違ってくるのではないだろうか。頭では忘れていても体や音楽(音)は覚えていると思うので、施設内やフロアごとに流しても良いと思った。(特別養護老人ホーム 職員)

講座内容にはどんなものがありますか?(例)

講座の様子・理想の音楽の場とは何か?(グループワーク)
・実際に介護施設で行うセッションの体験
・心地よく楽しめる音楽の場のつくり方
・「先読み」の実践練習

企業様、団体様のご関心、ご要望に合わせて内容をカスタマイズいたします。

講座ご担当者様の声

今までたくさん講座を開催してきましたが、講座終了後先生を囲んで、初対面の他施設職員同士で話が弾み、情報交換をしていた講座は今まで初めてでした! 柴田先生のおしみない現場実践を通じての情報提供と、管さんが記録を通じて雰囲気を明るくなごましていただいたおかげです。私にとっても、これからも福祉現場職員が楽しくなる講座の開催にまた意欲がわく時間となり、リリムジカの皆様に感謝です。 (神奈川県横浜市 ウィリング横浜 大平容子様)

昨日は白寿園の施設内研修の「認知症サポーター養成講座」を引き受けてくださりありがとうございました。参加した職員からも、体験を通して「音楽」のすばらしさや効果を感じる事ができたとの感想がたくさん出ました。白寿園にはたくさんの入所されている高齢者がいますが、8~9割の方が認知症の方です。職員は日々の業務に追われてしまい、利用者の方と一緒に楽しむ時間をなかなか作れなかったり業務を優先してしまっているのが現状です。今回、職員が実際に体験する事で、音楽の楽しみや一緒に行う事の喜びなどを感じる事ができた事で、これから利用者の方へ今までとは違う対応を行う事ができたらと思っております。研修を担当するひとりとして、職員の心に響いた体験ができた事を本当に感謝しております。ありがとうございました。(埼玉県さいたま市 白寿園老人介護支援センター 酒井 加奈江様)

講座を依頼するにはどうしたらいいですか?

お問い合わせのページからご依頼ください。その際、以下の項目を記載いただけると幸いです。当社から折り返しご連絡差し上げます。

・講座の目的(例:施設職員が提供できるレクリエーションの幅を広げたい)
・想定する参加者(例:施設で働く介護職員)
・想定する参加人数(例:25名)
・実施時間(例:2時間)
・実施時期(例:11月の平日夜)
・実施場所(会場名、住所)

※決まっていない項目については空欄でもかまいません。

▼記事へのご感想、ご質問はこちら(Facebookへのログインが必要です)