トップページ > お知らせと新着情報 > ミュージックファシリテー… > 特別養護老人ホーム「カメ…

特別養護老人ホーム「カメリア」にて代表柴田が講話

7月14日(水)江東区の特別養護老人ホーム「カメリア」にてカメリア・カレッジが行われました。リリムジカ代表柴田萌がゲスト講師として、起業までの経緯や認知症の方と一緒に音楽を楽しむためのテクニックについてお話しました。トーンチャイムを使っての合奏も行いました。ご参加くださった方々から、以下のような感想をいただいております。

「ストレスなくリハビリを進めるためのツールとして音楽が有用だと思う。」(作業療法士)
「専門性をもって個別ではなく集団でプログラムを行うことに意味がある。」(同上)
「実際に体験してみて、歌をうたったり楽器を操作することが思いのほか運動になることがわかった。」(介護職)

ホスト役だった阿久澤騰さんが報告記事を書いてくださっています。
第11回 カメリア・カレッジ(ゲスト講師:柴田 萌氏)報告

7月14日 カメリアカレッジでの写真

(2010年07月14日)

▼記事へのご感想、ご質問はこちら(Facebookへのログインが必要です)

お知らせと新着情報(最新3件を表示)