トップページ > お知らせと新着情報 > 会社全般 > 音楽療法士向け勉強会を開…

音楽療法士向け勉強会を開催予定(10月10日)

※この勉強会は終了しました。

セッションで体操を取り入れているけど、きちんと効果のある内容ができているかしら?施設の職員さんたちと、もっと連携をとってセッションを進めたい!こんな悩みに応える勉強会です!

音楽療法の実践において、対象者の身体機能の維持や向上を図って体操や運動を取り入れる場合があります。その際、対象者の身体に関する知識と明確な目標なくしては、望ましい効果を得ることはできません。このたび理学療法士でリハビリ専門のデイサービス管理者でもある鹿島雄志さんに講師をお願いし「音楽療法士が知るべき高齢者の身体機能」というテーマで音楽療法の学習者、実践者向けの勉強会を開催いたします。

勉強会当日はリリムジカ代表の柴田からも「音楽療法士の他職種スタッフとの連携」というテーマで講義をいたします。高齢者の分野で施設職員と密に連携を取ってセッションを進めるための方法についてお話します。こちらもお楽しみに。

勉強会のテーマ

1.音楽療法士が知るべき高齢者の身体機能

音楽療法で体操や運動が取り入れられることがあります。そういったときに、どんなことを目標として立てるとよいのか。そもそも高齢者は身体的にどのような課題をかかえることが多いのか。体操を取り入れるときに注意すべき点は。これらのことを知ることで、付け焼刃ではない、音楽の特性を活かした意味のある体操、運動ができるようになります。

2.音楽療法士の他職種スタッフとの連携

音楽療法を効果的に実践するためには、対象者の情報を広くつかむ必要があります。そのためには他職種スタッフとの連携がかかせません。しかしながら現場の音楽療法士からは「私が行くと職員の方々がフロアからいなくなってしまう」「利用者のことを聞こうと思っても急がしそうで声をかけづらい」という声を聞きます。どうすれば施設職員はじめ他職種スタッフと密な連携をとることができるのか。実際の経験に基づくノウハウをリリムジカ代表柴田がお伝えします。

講師

株式会社りはっぴぃ代表 理学療法士 鹿島雄志
株式会社リリムジカ代表 音楽療法士 柴田萌

タイムテーブル

13時30分  開場
14時00分~15時15分  鹿島雄志さんより講義(質疑応答含む)
15時15分~15時30分  休憩
15時30分~16時45分  柴田萌より講義(質疑応答含む)
※終了後は懇親会を予定しています。ふるってご参加ください。(会費は実費) 懇親会場

開催要綱

【日時】2010年10月10日 14時00分~16時45分(17時より懇親会を予定しております。)
【会場】りはっぴぃ桜新町(〒154-0015 東京都世田谷区桜新町2丁目24-1)

【定員】10名
【参加費】2000円(当日受付にてお支払いください)
【主催】株式会社リリムジカ
【共催】株式会社りはっぴぃ

(2010年10月05日)

▼記事へのご感想、ご質問はこちら(Facebookへのログインが必要です)

お知らせと新着情報(最新3件を表示)