トップページ > お知らせと新着情報 > 会社全般 > インターン生の募集を開始…

インターン生の募集を開始しました!

代表の管です。リリムジカでは2013年度、ミュージックファシリテーター20名、音楽プログラム実施事業所数150ヶ所を目標に活動をしています。介護の現場の方々から見て「この人なら任せて安心」「一緒に試行錯誤をしていきたい」と思えるファシリテーターを育て、彼ら彼女らが活躍する現場を拡げていければと思っています。

さて、このたび株式会社リリムジカではインターン生の募集を開始しました。

現在、現場の開拓や事務手続き、ファシリテーターのフォローなどの仕事は私と柴田を中心に進めています。フル回転で業務にあたっておりますが、それゆえに本当は効率化した方が良いのに中々手がつけられていないことが多々あります。

対策として、業務をアウトソースする、社員を雇うなどいくつか選択肢がありますが、今回私たちはインターン生の活用(インターンシッププログラムの実施)という手段を採ることにしました。インターンシップとは、平たく言うと学生の職業実践訓練です。ビジネス未経験の人が現場で揉まれることにより、プロフェッショナルとしてめきめき成長します。私たちには創業期ならではの≪改善点は無限≫という環境があります。インターン生のがんばりに対して、アルバイトでは味わえない経験をお返しできます。

とはいえ、インターンシッププログラムの運営についてはどうしたらいいか、悩みもありました。何から始めればいいのか。出会いたいと思えるような人が応募してきてくれるだろうか。金銭ふくめサポートはどうしたら良いか。仕事が始まって行き詰ったときの対応は?

そこで、インターン生の活用についてNPO法人ETIC.(エティック)にサポートをお願いしました。ETIC.は10年以上インターン生を企業や団体に送り続けている団体です。プログラムの参加者はのべ2500名以上にのぼります。創業時代表の柴田も私も、実はかつてETIC.のプログラムでインターンシッププログラムに挑戦しました。

サポートをお願いした決め手は、打ち合わせで担当者さんから「腹がすわりきっていない人には出直してきてもらうこともある」と聞いたことです。何事も中途半端はいけません。ETIC.をとおすことでスクリーニングされた学生に出会えることは、大きなメリットだと感じました。

そういうわけで、私たちはインターン生の募集を開始しました。創業期の会社で武者修行をしたい方、音楽を用いた継続性のある事業に携わりたい方にはうってつけだと思います。

まずは、ETIC.の募集ページをご覧ください!

(2013年04月11日)

▼記事へのご感想、ご質問はこちら(Facebookへのログインが必要です)

お知らせと新着情報(最新3件を表示)